脊柱管狭窄症の症状

 

しばらく歩くと、腰や足に痛みやしびれがおこりとても歩けなくなり、どこかに座って腰を丸くしてや休んでいるとまた歩ける。これを間をおいたらまた歩けることから「間欠歩行」と言います。

 

これは、脊柱管という円筒状の脊椎構造において円筒内部に収まっている脊髄と馬尾神経束に円筒内径が狭まる状態変化が形成されているがためにおこる、神経伝導障害および血流障害による症状です。

 

この際障害を受ける神経の部位は、

➀馬尾神経束自体

②末梢神経根です。

馬尾神経束が障害をうけると多様で広範囲な症状になるのに対し、末梢神経根が障害を受けた場合は、片側性(左右どちらか)に対して、痛みやしびれが発生します。

➀と②が混じっておこると大変重い症状となります。

 

円筒内部(脊柱管)の内径が狭まる種類

 

この要因には次のような種類があります。

➀椎体変位によるもの

②椎体および椎間板の圧縮変形にようもの

③後縦靭帯、黄色人体の肥厚によるもの

④脊柱後方成分である関節や椎弓の肥厚(変形)や関節包の肥厚によるもの

⑤すべり症による脊柱管へのせん断応力(水平応力)によるもの

⑥これらの複合

です。

 

内径が狭まる原因

 

椎体変位はいわゆる骨のずれであり、身体バランスの不安定により椎体が脊柱管に対して水平方向に圧迫している状態です。変位していなくても椎体の脱水劣化、コラーゲン溶解により椎体が重力に耐えられず潰れた変形や、椎体へのけん引作用により椎体・椎間板接合部に骨棘(骨のとげ)が発生する条件を作り上げてしまったために追加形成された骨の膨隆がおこり、これが脊柱管を狭めている状態。脊柱管周りの靭帯が引っ張りへの代償として肥厚化して内径を狭めている状態。これらが上で挙げた種類を作っていることが考えられます。

 

どれもが、脊柱という上から重なって存在している生理に対して、その性質を損なう、しっかりと支えない習慣(姿勢をよくする意識がないとそうなります)から起こっていりものばかりです。

 

しかしながら、全ての脊柱管狭窄患者さんが症状を出すわけではありません。それは、このような状態変化が起こっても、正しい生活習慣へ改善させる機会があって、自ずとよく歩くようになったり、姿勢が悪いまま何かをやり続けることがなくなったりするからです。少々脊柱管が狭窄しても無症状なので、症状が出始めるより前に生活の改善が起こった場合には、生涯症状に悩まされることはない人たちも多きいます。

 

治らないというのは、画像診断上の話であって、症状なく歩けるようになれるというのとは別です。

 

脊柱管狭窄症は、大変長い歳月をかけて形成されますので、改善を目指すためには、早くて6カ月以上の時間を要します。1年以上と考えてください。

 

改善させるために行うことは、

➀根本原因の除去(疾病形成因子除去)

②歩行の練習(少しずつ距離を伸ばしていきます)

③器質変化促進(変化してしまった変形や肥厚を不要吸収させていきます)

④平癒

です。

病変を作ってしまう直接原因である関節不安定を根本から改善させなければなりません。脊柱関節を不安定にしている状態というのは、関節に正しい荷重をさせていないということです。関節に正しい荷重をさせてないとは、関節が離れる状態をいいます。

不良姿勢をしているとき、関節はしっかり離れてしまっています。関節が上手く収まっていまいという言い方をしてもよいでしょう。しびれは圧迫に加え、けん引が起こって初めておこります。圧迫だけではしびれは起こりません。まずは、けん引作用は止められます。圧迫が起こっていても、けん引作用さえ止められればよいのですから、施術、本人の自助努力によって改善は起こります。経過の最終段階では、肥厚や変形の進行を止め、異物分解、不要骨吸収を促進させ、平癒を待ちます。

 

脊柱管狭窄症の施術

 

施術は、徹底的におかしくなっている荷重関節、特におおもとの仙腸関節(骨盤)に対して悪い状態を取っていきます。

脊柱関節に対してもこれを行います。そして、股関節という仙腸関節と直接連動する関節の動きもチェックし、股関節と連動している反対側の肩関節、ここに影響を与えている上肢、頚椎もチェックし、必要な施術処置あるいは改善のためのアドバイスを行います。

関係筋膜へのアプローチも行い、全身の動きがスムーズになるよう各種体操をお教えします。施術は、段階的に行い、状態を見ながら計画してしていきます。ご相談しながらやっていきましょう。

いずれにしても、6ヶ月~1年をかけた長い期間の加療が必要となります。

 

 

 

 

早川整骨院は駅からまっすぐ15分で緑の看板がめじるし