禁煙 · 24日 8月 2019
明日で、私も禁煙生活50日となります。正直、未だ吸いたくなるときがあります。50日も経つというのに。でも、そんなときは、思いっきり息を吸い込んで息を止める・・・そうすると、横隔膜が下がり、肋骨が持ち上がって肺がパンパンに広がって、吸いたい感覚が違う感覚で胡麻化され、そのまま訳の分からない納得をし、そのまま吸わずにいられる。何とかこれで持っています。
禁煙 · 30日 7月 2019
このような時、私は吸いたい気持ちを紛らわすのに、深く深呼吸をします。何とかそれで我慢ができているようです。深呼吸のコツを掴もうと、いろいろ試してみましたが、大きく吸った後に5秒ほど息を止めて、そこから少しづつ吐き出して行って、また5秒ほど止めるということを数回繰り返すのが、一番効果的な気がします。
06日 4月 2019
ストレッチで傷めることなく、効果的に行う方法をご紹介します。
治療 · 13日 3月 2019
治療に通って改善するかしないかは、人の体を理解できているか否かで分かれます。 人の体をもし、物と同じように勘違いしてしまうと、治療は上手くいきません。 治療は、治療用の道具、機械、手などを用いて行いますが、これらを作用させる相手は紛れもなく生物である人です。 決して物ではありません。 例えば、物というのは押せば凹み、引っ張れば飛び出したりして力を加えた方向に変形します。物を治すのであれば、車の修理と同じように板金が凹んだら引っ張り出して成型するし、飛び出せば押し込んで成型します。 ところが生物はそうとは限りません。むしろ反対の挙動(動き)をします。
日常生活指導 · 07日 3月 2019
腰が悪くて、痛み止めとコルセットは手放せない。 朝起きて立ち上がろうとすると腰が痛くなりそうで、コルセットをすぐ巻かなければ安心できない。 痛み止めのおかげで痛みをなんとかこらえることが出来ている。 腰を悪くしてしまうと強い味方になってくれるのが、薬とコルセット。 でも、いつまでもこれでいいのかという問題は残ってしまいます。 コルセットをしてる分、腰の筋力低下は起こってしまうし、薬の飲み続ければ良からぬ副作用がいづれ出てきてしまうしと悩んでおられませんか?
日常生活指導 · 02日 3月 2019
花粉症は今やかからない方が珍しいぐらいの現代病ですよね。 花粉症にかからないためには、非特異性免疫グロブリンEという抗体がなくてはいけないそうですが、昔の人は寄生虫が体に入り込んだためにこの有難い抗体があったといいます。まさか、私たちが寄生虫を体に飼うわけにはいきませんので、私たちは別の方法でこの抗体を手に入れる必要があります。
日常生活指導 · 23日 2月 2019
痛いのが続くというのは、本当に辛いものですよね。 皆様は、痛いところを昔からよく温めて何とかしようとしてこられたと思います。お風呂に入ると何とか楽になったりしてましたよね。 私もかつてはそういうものだと思っていました。 しかし、ねぜか、改善ということが起こらない!なぜなんだ・・・と気を病んでおられませんか? と言いますのが、この温めるという方法がいい時と悪いときとがあるのをご存知でしょうか?
日常生活指導 · 19日 2月 2019
美容のため腸内環境を良くしたいという価値観をお持ちの女性は多いです。 もちろん、正にそうだと思います。 腸内の老廃物処理過程がスムーズになれば体内環境も良くなるため、健康的になれます。お肌の健康となれば女性にとっては、腸内環境は重要な関心事となるでしょう。 さて、腸のいくつかの有益な善玉菌のうち、酪酸菌という古くから日本人の腸と深い関係を持つ菌がありますが、当院でもこの酪酸菌のサプリを扱っています。 ドラッグストアで市販されているものですと、昔から「ミヤリサン」というのがありますが、今は「強力ミヤリサン」としてパワーアップして販売されているようですね。 整腸剤として販売されていますので、薬剤師さんに効能や使用法をよくお聞きになって、健康維持・美容に試されてみてはいかがかと思います。 しかし、当院ではこれをただ飲んでいるだけではだめですと申し上げております。 当院のおすすめは、これを飲んだら「歩行してください」と申し上げています。
治療 · 05日 2月 2019
以前、あるダイエット患者様をみさせて頂く機会がありました。 その患者様は、見た目に全くふくよかでなく、むしろ激やせなのになぜダイエットが必要なのかとお聞きしました。 お聞きしながら手を見てピンと来るものがあったのですが、私はあえてお聞きしてみました。 すると、私が右手の甲の傷から推測した通り、その方は拒食症でした。 拒食症は、過食を解決しようと暴飲暴食した直後にトイレなどで口に指などを入れ食べたものを全て吐き出す行為によって食を拒否します。
日常生活指導 · 06日 1月 2019
多くの方が、明日から年明けのお仕事がスタートされるのではないでしょうか。 お正月の間は、どうしてものんびりしてしまいますよね。サザエさん症候群に陥ってしまいそうな方は、まず今だけがサザエさんの視聴者であり、明日仕事に入ってしまえば、その辛さから解放されることを思えばよいと思います。

さらに表示する