【質問1】施術は痛いですか?

【回答2】バキバキしたり、強く引っ張るような方法、施術の際の痛みや『揉み返し』など、おからだに少しでも負担をかけるようなことが無いような施術方法ですのでご安心ください。

 

【質問2】どんな服装がいいですか?

【回答2】動きやすい服装をおススメします。下のズボンのみご用意しております。

 

【質問3】妊娠中は受けられますか?

【回答3】ご安心してお受け下さい。妊婦さんの場合、体の変化から体調のバランスを崩しやすく、特に初めての妊娠だと、ストレスもあるかと思います。安全に配慮しながら適切な施術を行っておりますので、もし気になることや何かありましたら何なりとお聞かせください。

 

【質問4】予約は必要ですか?

【回答4】当院は完全予約制となっております。必ずご来院前にご予約をお願い致します。

 

【質問5】どんな人が通っていますか?

【回答5】通われている8割以上の方が女性です。年代は20代~90代と様々な年齢層の方に通っていただいていますが、比較的30代~50代の女性が多い傾向です。

 

初診の方では、あちこち整体や病院・整骨院・マッサージやエステなどに行ったけど、思うような結果が得られていないので来ましたとお話される方がとても多いです。また、症状としては以前より姿勢が悪く、腰周りや頭痛・肩こりなど、長い期間に渡って異常を感じている方が通われています。

 

特にご自身のお体に意識をしっかり払う方には、日常生活のちょっとした動作や食生活、産前からのケアの仕方に始まって、産後のホルモン変動に伴う身体の変化を意識したケア、ヨガやテニス・ゴルフなどで身体の使い方・やる気の維持のために必要なことなぢ細かなフォローを徹底していますので、その部分では特に喜ばれています。

 

【質問6】今は痛みはないが、メンテナンスとして通ってもいいですか?

【回答6】もちろんかまいません!

施術者が、どんな状態かを『お身体に訊きながら』初診時の計画に沿って、あなたの健康を維持するために必要な筋力や関節力・歩ける力がない方や、ギリギリの体調で普段お仕事や趣味をされている方も多くいらっしゃるようです。

 

 そういった方ではっきりとした痛みがない方は少なくありません。それでも多くの方が今より上の体力・からだ・バランスの状態・重力に負けない体づくりにために通われています。

 

【質問7】初回はどんなことをしますか?

【回答7】初めての方は初診時に、

1、カウンセリング(過去のおケガや病歴などお体の改善に必要なことをお聞きします)

2、当院独自の検査(お体の状態を調べます)

3、施術とアフターフォロー

4、今後の施術計画・方針をお伝えします(どのくらいでよくなるのか?なりそうか?どんな方針で施術を計画し、進めていくか)といったことを行います。施術と合わせてお時間を通常よりも多く頂いての施術となります。目安のお時間は60分~70分です。

 

【質問8】健康保険は使えますか?

【回答8】基本的には使っておりません。保険適応は骨折・脱臼・捻挫など急性の外傷のみとなります。よくちまたの接骨院は肩こりや慢性腰痛で保険を使っておりますが、それは不正請求です。元来私たちは急性の怪我のみしか使えません。自費の施術だからこそ、痛みを根本から取り除き、おひとりおひとりの身体と向き合い、症状を改善していきます。

 

ただし、交通事故の自賠責保険のみ使用できます。

 

 

【質問9】 膝が10年も前から悪いです。かかっている整形外科からは、「もう治らないから、痛みとうまく付き合っていくしかない」と言われていますが、そちらでは良くなるのでしょうか?

【回問9】 整形外科と当院とでは、お体の調べ方が異なります。当院では、膝の疾患であっても、主に腰の平行バランスとの係わりを深く調査いたします。レントゲンや整形外科での診察法とは違う診方をしますので、治療法も異なってきます。多くの場合、10年越しの膝痛であっても改善が望まれます。なぜなら、当院の検査によって分かることから、あなたへのご指導もこれまでご指導とは変わってくることが十分に考えられ、それらを守って頂いたり、検査から分かることから、あなたに向けた特別な体操をお薦めすることになり、その簡単な体操を実行して頂くことで、これまでの10年とは違うお体への作用が起こり始めるからです。

 

【質問10】 腰痛があります。婦人科の病気を持っていて、そのせいで腰痛が改善しにくいのではないかと病院で言われました。このような私でも治るのでしょうか?

【回答10】 おっしゃる通りで、双方の疾患を見据えて対策していくことが重要です。腰痛は腰の構造上の問題で痛みを出し続けていることが考えられます。この構造上の問題は、平行バランス上の問題であることが多く、これにおいては改善が可能です。さらに、婦人科臓器の存在領域が骨盤内であることから、骨盤の平行バランスの問題を改善していくことで、婦人科領域においても良好な環境構造を造っていけるものと考えます。当院の治療は、痛みはもちろんですが、平行バランスに起因した構造上の問題への解決です。構造の保全は、内在臓器をも良好に保全するため、内臓への負担はありません。

 

【質問11】 脊柱管狭窄症は治るのでしょうか?

【回答11 全ての疾患が治るものではありません。当然中には手術に任せざるを得ないものもあります。しかし、医師にそれしかないと言われながらもそうでないものも実際に多く見受けられます。当院では、多くの場合が、6カ月ほどで解決しております。なぜなら、生理学上、大変重要でありながら、通常見逃されてしまうポイントに検査の目を光らせるからです。当然、施術のし方、ご指導内容が他の医療機関とは若干異なってきます。ときに内容が正反対のこともあります。

 

【質問12】 辛い時だけ治療に行ってもいいですか?

【回答12】 そうされる方がいないわけではありませんが、ほとんどの患者様が、当院がご提案する治療計画に沿って通院されます。当院の治療の良さは、集中治療による効果により、将来、あなた様のお体が不安なく動いていけるように仕上げていけることです。

 

【質問13】 マッサージとかの治療はありますか?

【回答13】 当院は、根本治療に関わる施術とご指導だけで施術時間を目いっぱい使ってしまいます。なので、対症療法や慰安施療(マッサージなど)は行っておりません。

 

【質問14】 本当に治りますか?

【回答14】 最初にどうなりたいかゴール(ご自身が成りたい状態)をお聞きします。その上で検査し、ゴールに至るためのお約束事と、お約束にしたがって当方と頑張るべき期間を申し上げます。そのようにできれば、期間終了時には皆さん、笑顔でご卒業なさいます。改善を果たされた後、良好な日々を送っておられても、メンテナンスをしていかれる方もおられます。それは真に良好な状態への願望からそのような需要もあるので、特別価格でコースをご案内しております。