相模原市中央区で、整骨院、整体をお探しの方は、早川整骨院にお任せください。

相模原市中央区で整骨院をお探しの方は、当院にお任せ下さい。腰痛はもちろん、その他、坐骨神経痛、膝の痛み、股関節の痛み、肩の障害、頚椎疾患の諸症状(交通事故含む)など、各種の症状に対応しております。整形外科にかかっても良くならない、整体に通っていても良くならない、痛み止めの薬は副作用が気になる、痛い治療は怖くて行けないなどのお悩みの方、当院は、整形外科とは全く違う方法で、整体に似ていても整体とは似て非なる方法で、痛み止めの薬を必要とせず、決して痛い治療ではなく、あなたのお体の悩みを解決に導きます。

何故、当院の治療が喜ばれるのか?

当院の治療は、レントゲンに頼らない分だけ、レントゲンでは分からない身体の異常を見極めることが可能です。これまでの経験により、患者様の症状とレントゲン内容とは必ずしも一致しないことが確認されて来ております。この事は、私のみならず、多くの整骨師、整体師、そして医療現場の臨床に携わる有資格者の方たちも気付いておられることです。目で見えるものが全てではありません。当院は、目で見えないが体が示していること、例えば、体のその方特有の神経的な反応が意味することや、その方特有の動き方が意味することなどが、正常と言うことから逸脱しているのかどうなのかと言ったようなことを診ていきます。当院を訪れる患者様方は皆、こういう治療(診かた)は初めてだとおっしゃいます。また、整骨院、整体院で身体の歪みや、筋肉の緊張の度合いなどを中心に診てもらった方々も多い事でしょう。それでも良くならないのは、歪んでいるから歪みを正そうとしたり(ある意味それは間違えでもないのだが)、緊張しているからほぐせば良しと決めてしまうからなのです。歪みはなぜ起こっているのか。本当は歪むことでこれ以上悪くなるのを防御しようとしているのではないか、緊張しているのは、少しでも身体を守ろうとして防衛を働かせているのではないかということに注目することが重要であり、そうであれば、歪みを矯正しようとすればするほど体は反発しますし、ほぐせばほぐすほど、翌日また元通りカチカチの凝りが出て来て手に負えなくなります。当院は、歪みというよりも、歪まなければならなかった原因、筋肉の緊張というよりも緊張せざるを得ない原因に深く立ち入り問題解決の方法を選んでいきますので、一般の整骨、整体と似て非なるところが、早期の問題解決へとつながり、そうしたことが、今まで出会えなかった治療、もっと早く出会っていたらと感じる治療、として各患者様方に喜ばれております。

具体的にどのような治療なのか?

では、当院の治療は具体的にどのような治療なのでしょうか。まずは体はどうすれば壊れていくのかを物理的に知っていることから始まります。体は常に瞬時のバランスを取っており、動作したからとて態勢を崩し転んでしまうなんてことがありません。これは神経が行っていることと一般に考えられていますが、その俊敏性からいくら神経と言えどもそれだけでこの瞬間の、そして次から次へと変化する動作に常に対応していくと考えるのには限界があります。実際に人の動作中の体の形状を観察すると、どのような体勢、傾きをとっても、瞬時に傾いてるはずなのに水平状態に変化する箇所というのがあることに気づきます。それが、頚椎の1番、頚椎の7番、胸椎の12番、腰椎の5番といった箇所です。このことは、動作する体が存在するためには重要な成立要件です。すなわち、これらの骨のこのような機能を水平器に例えるもですが、この水平機能が機能しなくなると身体バランスが取りにくくなるわけですから、これを回復するために、あるいは順応するために、体にはいくつかの変化が起こります。変化の一つとしてあげられるのが歪みです。またこの歪みを維持させ、順応を維持させるために周辺の筋肉は緊張やけん引が起こり、痛みや炎症が起こりやすくなります。このようなメカニズムに一旦陥ってしまうと簡単にはそこから脱しえず、あとはその状態に馴染めるかどうか、つまり耐えられるかどうかの問題になってしまいます。いくら歪みを直そうとしたところで原因が歪みではないため、一旦楽になってもまたすぐ戻ってしまいます。筋肉の緊張による痛みであってもほぐしたところで原因ではないのでまた翌日には戻ってしまいます。つまり原因は上に挙げた4つの骨の水平変換機能ですからこれに治療の手を加えなければ意味がありません。それでは、なぜこのような水平変換器である骨が機能しなくなるのでしょうか。このことに、骨盤のある問題が関与しているのです。ご存知のように、骨盤は長い脚の頂点にあり、言わば脚の一部であり、そして体幹の一部でもあるのです。したがって、足から始まって骨盤に至り、この骨盤そのものが体幹を傾かせる状態にあれば、体幹の傾きが起こることが分かっています。というのも、骨盤はテーパーという仕組みにより、体幹の骨の最下部である仙骨を、骨盤(寛骨)で挟み込んで仙腸関節という関節を成しています。ところが、この仙腸関節は歩行の遊脚時に関節が開き、接地時に関節が閉じるという動きをします。これが、体を悪くされている方の骨盤を調べますと、開きっぱなし、閉じっぱなしといった状態がほとんどの方で起こっています。もし左の仙腸関節が開きっぱなしですと、体幹の最下部である仙骨ほ左側が足方向(地上方向)に落ち込んでしまうため。体幹は左に傾きます。そしてそれを補正しようとして右に傾きます。傾いた状態を反対に傾いて補正した結果がもとの垂直になればいいのですが、そうは決してなりません。バナナのように曲がっているだけです。これを解消するには、当然ですが、仙腸関節の開く閉じるを正常化させるしかないのです。

 

当院は、診察でこの体幹の4つの重要ポイントの水平性をその動きから確認し、骨盤、すなわち仙腸関節の開き閉じ具合を骨性に伝達す能力の可否によって調べます。特殊な診察技能になるため、当院独自の方法と言えます。また、治療そのものは、仙腸関節のあるべき状態への復元です。これはなんとなく整体に似ていますが、開きっぱなしの状態を単に閉じさせれば良いというものでもなく、そこに関節内の潤滑液である関節液の循環機能を回復させなければならず、このことが高度な技術と言われる所以であり、治療においても当院独自の方法になっております。治療には仙腸関節の治療がほとんどの場合必要で、そこから始まり、先ほど申し上げた脊柱4つの機構平衡器である頸椎1番、7番、胸椎12番、腰椎5番への処置へと移っていきます。

 

また、このような用手的対応に付属して、テーピングを行う場合も多いです。テーピングは極めて拘束力の少ない方法で貼付していきます。これは拘束力が強いと身体は意図した効果に反発し逆効果となるか、あるいは皮膚がテープの強い作用によって損傷するからです。弱い力で効果させるにはやはりテーピング技術が必要になります。

 

そして何より、体づくりということが最重要になります。どんな体操がその方の回復に必要か、どんな態勢や姿勢をとってはいけないのか、温めるのか冷やさないといけないのか、食事はどんな食事を心がけなくてはならないのかのアドバイスは大変重要な要素となります。

 

その方の日常に必ず体のトラブルに至る原因が潜んでいます。このことを一緒に考え、対策していく事は回復を確実なものにしていくために大変重要なことになります。

当院の歩行へのこだわり

お体の改善に向けて、日常生活のご指導はとても大切です。日常生活におけるお体の使用には、個人個人の癖や誤った使用が多く入り込んできます。片側に偏側した状態や捻じった使用は、その方が作業の効率をあげるために行ってきたことではあります。右利きの人が絶えず右腕を使用し、左支えが得意な人が絶えず左重心で構えるなどがそうです。しかし、これが何十年も続くと私たち体は若い頃より強くはないので、いくら新陳代謝といった細胞の生まれ変わりがあるとは言え、いつかは壊れてきてしまいます。それゆえ、体は日頃からバランスよく使う努力が必要です。では、絶えずそのようなことを意識して努力し続けることが出来るのでしょうか。ある程度はそうであっても、実際には困難な話です。そこで、当院がどの患者様にも積極的におすすめしていることが、小一時間の歩行習慣です。歩行は、絶えず動いて生活している私達にとって、動きの中でのバランス化として最も理に適っています。左右のバランス、前後のバランス、進行歩行からの左右への逸脱からの回復など、これは、ただの骨格や筋肉の問題だけではなく、神経反射の動きへの同調や内臓移動、血流本来の動きへの同調など、身体のあらゆる生理化を意味します。心臓の拍動が1分間に70拍付近であり、通常歩行が1分間に70歩程度であることを考えても、人は歩くことの運命づけが示唆されます。現代人は文明の利器により歩く機会が無くなってきました。このことは何か人類的な危機さえ感じます。

 

 

 

どんな症状に対応できるのか?

では、当院が対応できる症状はというと、痛み、しびれ、違和感、可動域狭小、筋力低下および機能低下です。症状が出ている部位は身体のどの部位でも対応いたします。ただし、内科疾患など、運動器以外の疾患を基礎とするものには、専門医への受診も同時にお願いしております。また、現在、精神疾患については対応いたしておりません。

院外風景および施術風景1

施術風景2
施術風景2

当院を受診された方々の写真

\姿勢ビフォーアフター/

施術前施術後の姿勢比較写真

患者様からの評価

市内 50代看護師女性

患者様から、こんなに嬉しいお褒めの言葉を頂きました。

 

「両手のシビレ、痛みでびんの栓抜き、ゼリーのふた開け、ドアノブが困難となり、整形外科へ通っていました。手術しても改善は望めないので

「鎮痛剤での経過観察」と方針が決まりました。ところが、この薬は私には異常な眠さがあり、毎日が眠さとの戦いでした。内服しないと痛みと息苦しさで夜も眠れなくなる為やめられず、先のことを考えると暗くなっていました。

そんな時、早川先生のところへ通わせていただくことになりました。運動の苦手な私でもできるような体操を教えていただき、姿勢が良くなって息苦しさもなくなり、薬をやめることができました。それによって副作用の眠さも無くなり握力も戻っているため、頭がハッキリしてハツラツと生活ができるようになりました。

また若い頃から腰椎椎間板ヘルニアがあり、腰の重さやギックリ腰になりやすいことに対しては、コルセットで仲良く生活するという方法であきらめていましたが、コルセット無しで腰が強くなり、立ち仕事や孫のオムツ替えも苦痛なくできるようになりました。

この年齢になって子供の頃のような身軽な身体になり、日常が楽しくなりました。すごい技術だと思います。」

患者様の直筆
患者様の直筆

お得なかかりかたのご案内

※この機会に、悪くされたお体を徹底的に改善させたいとお考えの方で、3ヶ月、6ヶ月などの期間を施術家の提案する通院計画に従い、しっかりと通院される意志がおありの方に限ります

笑顔の女性
笑顔の女性

トータル整体コース

※通常、一回8,800円(税込)

初回60分

(カウンセリング・検査+施術)

2,970円

さらに・・・

2回目も、2,970円

(通常8,800円×2回=17,600円)

お申込み方法について

当院のご予約はお電話かLINEで

お電話はこちらへ

042-707-9028

当院の営業時間とお電話受付時間

営業時間【平日】9:00~12:00/15:00~19:00

【土日】9:00~12:00

【休日】毎週金曜、祝日

 

※ご予約のお電話は、平日午後6時までにお願いいたします。

LINEでのお申し込みはこちらから

友だち追加

スマホは↑ココをタップしていただくと友達申請できます。

↓このqrコードを読み取っていただいても友達申請できます。

施術家のプロフィール

ブログ記事のご案内

症状と改善法のご説明

簡単な当院の地図